Laravel バリデーションについてまとめていくよ3(数値)

Laravel バリデーションについてまとめていくよ2(文字種編)に続いてlaravelのバリデーションをまとめていきます。
今回は、数値についてのバリデーションを確認します。

確認するルールはintegerdigitsdigits-betweenmax_digitsmin_digitsnumericdecimalmultiple_ofです。

続きを読む

Laravelのディレクトリ構造を変更する

publicのディレクトリをドキュメントルートとした場合、ドキュメントルートよりも上のディレクトリにapp, bootstrap, configといったディレクトリが展開されることとなります。
ドキュメントルートの上のディレクトリにはアクセスログなどのディレクトリがあり、それらのディレクトリと混ざってしまうことがあるかと思います。
Laravelのファイルはディレクトリを追加して、そこに格納するようにしたいと思います。

続きを読む

Laravelのpublicフォルダを変更する

Laravelではドキュメントルートがpublicとして用意されています。
サーバーによってはドキュメントルートがpublicではないこともあるため、publicフォルダを変更する方法です。

続きを読む

Laravel バリデーションについてまとめていくよ1

laravelのバリデーションをまとめていきます。
基本的な使い方はドキュメントを参照してもらうとして、もう少し細かい部分まで確認してみたいと思います。
今回は、必須などのデータの有無についてのバリデーションを確認します。

laravel/frameworkのバージョンはv9.45.1です。
参考までに、バリデーションの実装部分のソースのリンクもつけておきます。
実装部分の前に行われる処理もありますので、注意してください。

続きを読む

Docker で Apache + PHP + MySQL 環境構築

はじめに

Docker for Windows のインストール」でDocker環境を準備しました。
続いてWordpressを動作させるために、Apache + PHP + MySQLの環境を構築した試行錯誤の結果を備忘録として残します。
node.jsにしない理由はこのサーバーがApacheだからとかそんな理由です。

ゴール

最終的には下記の3つのコンテナの環境を構築します。
1つのLinuxコンテナにApache, PHP, MySQLすべてを乗せることもできるのですが、あまりイケてない方法らしいので、1コンテナは1つの役割を持つようにします。
基本的にDockerはデータの永続化(保存)はできないため、ホストのディレクトリをマウントすることで永続化を実現します。

続きを読む

Docker for Windows のインストール

はじめに

永らく放置をしていたこのブログですが、久しぶりに更新をします。
これまではXAMPPを使ってローカルに環境を構築してカスタマイズなどをしていたのですが、Dockerの環境を整えることにしました。

コンテナってなんだ?と思いながら試行錯誤で構築した備忘録になります。

仮想化の有効化

Hyper-Vを利用するには仮想化が有効である必要があります。
タスクマネージャーを起動し、パフォーマンスタブから仮想化の状態が「有効」になっていることを確認します。

続きを読む

東京観光

九州に旅行に行ってきたばかりですが、今度は東京へ遊びに行ってきました。日帰りの弾丸観光でした。

最初は原宿の竹下通り。10時に到着したら、まだ早かったようで半分くらいのお店はまだ開店しておらず。開いているお店を回っていたら次第にほかのお店も開いてきました。続いて、表参道を散歩。原宿駅に戻ってきたので、次の目的地へ。

続きを読む

九州旅行(福岡~長崎)

九州旅行自体はかなり前から行きたいねとは話していたのですが、なかなか時間が取れず。。。
新潟、福岡の直行便を利用して9:15新潟空港を出発し、九州へ2泊3日で旅行に行ってきました。今回の旅行の最大の目的は「食べる」こと。

続きを読む