ロリポップでSVNをインストール

ロリポップ!(lolipop)のチカッパプランではSSHを利用できます。
さらに/usr/bin/svnが利用できるため、SVNをインストールできます。

チカッパプラン 詳細はこちら

SVNリポジトリを作っておくと、ソースコードの管理やローカルファイルの管理にも利用できるのでお勧めです。
毎回、リポジトリ作成方法をググってたので、備忘録を兼ねてエントリーに起こします。

続きを読む

クイックタグを追加してショートコードを簡単に入力する

google-code-prettifyをショートコードで利用するでショートコードを利用できるようにしました。
しかし、ショートコード[code]~[/code]はまだ手打ちの必要があります。
それを今回はワンクリックで入力できるようにしちゃいます。

クイックタグはビジュアルリッチエディターを使用しない、HTMLタグを直接入力するタイプの投稿方法です。

続きを読む

google-code-prettifyをショートコードで利用する

google-code-prettifyの設置でgoogle-code-prettifyを利用できるようにしました。
ただ、毎回<pre class="prettyprint linenums">って書くのは面倒なのでショートコード[code]~[/code]で利用できるようにします。
こうしておけば、SyntaxHighlighterに変えようと思えば、出力するタグを変えれば対応できますからね。

続きを読む

google-code-prettifyの設置

ソースコードの表示にSyntaxHighlighterを利用していたのですが、google-code-prettifyに変更しました。
Twitter Bootstrapで利用されており、SyntaxHighlighterに比べてデザインの変更が容易なため利用することにしました。
自動言語判定のため、誤判定をする場合もありますが。。

続きを読む

コメントのHTMLを無効にする

デフォルトのWordPressはコメントに一部のhtmlタグの利用が許可されています。
許可されていないタグについては無効化されるようになっていますが、許可されたタグの閉じ忘れの補完まではしてくれません。
なので、</div>とか書かれてしまうと困ったことになってしまいます。

なので、いっそのことhtmlは許可しなければいいじゃん!ということで、カスタマイズを行いました。
今回もfunction.phpに以下のコードをコピペしてもらえばOKです。
htmlを取り除くのではなく、コメントの表示時にhtmlspecialchars()を利用して無効化しています。

続きを読む

コメント投稿時のアバターは簡単に変更できる

WordPressの標準機能としてコメント投稿者のアバター画像を表示することができます。
これはGravatar – グローバルに認識されるアバター (Globally Recognized Avatars)に登録してあるメールアドレスをコメント投稿時に入力していると、Gravatarに登録したアバター画像を表示しているのです。
もちろん、このブログも例外ではなくGeavatarのアバター画像を表示しています。

続きを読む